【本課講解步驟】

本課內容:單詞、課文。
課程講解:主要語法和句型。

【本課內容】

単語:

語彙(ごい)【名】詞,詞匯
単語(たんご)【名】詞匯,單詞
元(もと)【名】原來,本來;根源,起源
分類する(ぶんるいする)【動3】劃分,分類
和語(わご)【名】和語詞
漢語(かんご)【名】漢語詞
外來語(がいらいご)【名】外來詞
混種語(こんしゅご)【名】混合詞
分ける(わける)【動2】分,分開,分解
もともと【副】原本,本來,根本
取り入れる(とりいれる)【動2】引進,引入,采用
音読み(おんよみ)【名】音讀
基づく(もとづく)【動1】依據,根據,基于
西洋(せいよう)【名】西方,西洋
中心(ちゅうしん)【名】中心
片仮名(かたかな)【名】片假名
內(うち)【名】之中,當中
組み合わせる(くみあわせる)【動2】組合,編到一起
生物(せいぶつ)【名】生物
動物(どうぶつ)【名】動物
植物(しょくぶつ)【名】植物
総稱(そうしょう)【名】總稱
生物(なまもの)【名】生的(食品),生鮮(食品)
煮る(にる)【動2】煮,燉,熬,煨,燜
文(ぶん)【名】句,句子;文章
違い(ちがい)【名】不同,區別
宿泊施設(しゅくはくしせつ)【名】住宿設施
たいてい【副】大抵,大都
布団(ふとん)【名】被褥,鋪蓋
敷く(しく)【動1】鋪,墊

判斷する(はんだんする)【動3】判斷
元來(がんらい)【副】本來,原來
本來(ほんらい)【副】本來
バイオリン【名】小提琴
穏やか(おだやか)【名】溫和;平穩,平靜
工場(こうば)【名】作坊,工廠,工場
色紙(しきし)【名】方形厚紙簽
色紙(いろがみ)【名】彩紙,彩色折疊紙
実話(じつわ)【名】實話
國立(こくりつ)【名】國立
國立大學(こくりつだいがく)【名】國立大學
參加者(さんかしゃ)【名】參加者
賞品(しょうひん)【名】獎品
大部分(だいぶぶん)【名】大部分
関心(かんしん)【名】關心,關懷;感興趣
発生する(はっせいする)【動3】發生
家賃(やちん)【名】房租
イカ【名】魷魚,墨魚
コレステロール【名】膽固醇
食品(しょくひん)【名】食品
広州(こうしゅう)【名】廣州
順番(じゅんばん)【名】順序,次序
ゲームソフト【名】游戲軟件
あくび【名】哈欠
人手(ひとで)【名】人手
裁判(さいばん)【名】審判,裁判
実際(じっさい)【名】實際
感動する(かんどうする)【動3】感動
活躍する(かつやくする)【動3】大顯身手,活躍
専門家(せんもんか)【名】專家
言語(げんご)【名】語言,言語
専攻する(せんこうする)【動3】專攻,專修
交番(こうばん)【名】派出所;交替
勤務する(きんむする)【動3】工作,上班
お巡りさん(おまわりさん)【名】巡警,警察
テーブルクロス【名】桌布,臺布
風呂敷(ふろしき)【名】包袱布,包裹布
壁飾り(かべかざり)【名】墻飾
手提げ(てさげ)【名】手提包,手提袋
袋(ふくろ)【名】袋子,口袋

課文:

日本語の語彙

日本語の単語を、元の言葉は何かという點から分類すると、(和語)(漢語)(外來語)(混種語)の四つに分けることができる。和語はもともと日本語にあった言葉で、漢語は中國語から取り入れられた言葉だ。漢語は(音読み)する。音読みとは、昔の中國語の発音に基づいた読み方だ。外來語は主に十九世紀以降、西洋を中心とした外國から取り入れられた言葉で、普通片仮名で書く。さらに、和語、漢語、外來語のうち、二つ以上を組み合わせてできた言葉を混種語と呼ぶ。(消しコム)や(マラソン大會)(正月休み)などの言葉だ。
同じ漢字で表される言葉でも、漢語か和語かで意味が違うことがある。例えば(生物)という言葉は、漢語として(せいぶつ)と読むと、動物や植物の総稱となるが、和語として(なまもの)と読むと、煮たり焼いたりしていない食べ物という意味になる。だから(生物を食べる)という文を(せいぶつをたべる)と読むと、いみがよく分からなくなってしまう。
漢語、和語に外來語が加わると、さらに意味の違いが出てくる。例えば、宿泊施設をいう場合、(旅館)というと、たいていの人は、畳の上に布団を敷いて寢るような部屋を想像する。一方、(ホテル)というと、ベッドで寢る部屋を想像することが多い。

試試實力?來為本文部分提供翻譯稿吧!

更多課程內容等你學>>>