【本課講解步驟】

本課內容:單詞、課文。
課程講解:主要語法和句型。

【本課內容】

単語:

トキ(トキ)朱鹮
絶滅(ぜつめつ)滅絕、絕滅
危機(きき)危機
直面…(ちょくめんする)直面、面臨、面對
朝鮮半島(ちょうせんはんとう)朝鮮半島
東…(ひがしアジア)東亞
一帯(いったい)地帶、一帶
分布…(ぶんぷする)分布
亂獲(らんかく)濫捕、亂捕
悪化(あっか)惡化
絶滅危懼種(ぜつめつきぐしゅ)瀕危物種、瀕臨滅絕物種
野生(やせい)野生
生息…(せいそくする)棲息、生息
陝西省(せんせいしょう)陜西省
西安(せいあん)西安
洋県(ようけん)洋縣
生息地(せいそくち)棲息地
一時期(いちじき)一度、一段時期
営巣地(えいそうち)筑巢地、筑巢區域、營巢區域
監視(かんし)觀察、監視
保護(ほご)保護
取り組む(とりくむ)致力于、埋頭于
陝西…救護飼養…(せんせいトキきゅうごしようセンター)陜西朱鹮救護飼養中心
かたわら(かたわら)一面、一邊;旁邊
飼育…(しいくする)飼養
啓発(けいはつ)啟發、啟示
こうした(こうした)這樣的、如此的
支援(しえん)援助、支援
中國…保護支援基金(ちゅうごくトキほごしえんききん)中國朱鹮救護援助基金
募る(つのる)募集、征募、招募
中國…保護観察団(ちゅうごくトキほごかんさつだん)中國朱鹮救護考察團
派遣…(はけんする)派遣
観察(かんさつ)觀察
深める(ふかめる)加深、深化
時點(じてん)時候、時間
佐渡島(さどがしま)佐渡島
佐渡…保護…(さどトキほごセンター)佐渡朱鹮保護中心
試みる(こころみる)嘗試、試驗
懸命(けんめい)拼命、竭盡全力
救い(すくい)援助、救援、搭救;挽救
差し伸べる(さしのべる)伸出
江沢民(こうたくみん)江澤民
際する(さいする)正值、正當
贈呈(ぞうてい)贈送
雄(おす)雄、雄性
友友(ヨウヨウ)友友
雌(めす)雌、雌性
洋洋(ヤンヤン)洋洋
…のみ(…のみ)只…、僅…
翌…(よく…)次…、翌…、第二…
斷水(だんすい)斷水、停水
明け方(あけがた)黎明、拂曉
仕方(しかた)做法、方法、辦法
衝突(しょうとつ)撞上、沖突、矛盾
感染…(かんせんする)感染、染上
休校措置(きゅうこうそち)停課措施
山本(やまもと)山本
コーチ(コーチ)教練、技術指導
審判(しんぱん)裁判(員);審判、判決
被災地(ひさいち)災區、受災區
銀(ぎん)銀;銀錢;銀色
アンテナ(アンテナ)天線
書面(しょめん)書面;書信、信件
本…(ほん…)本…、這…
國境(こっきょう)國境、邊境
付近(ふきん)附近
開館…(かいかんする)開館
三浦(みうら)三浦
米田(よねだ)米田
歴史小説(れきししょうせつ)歷史小說
中島(なかじま)中島
議員(ぎいん)議員
平和活動(へいわかつどう)和平運動
閉鎖…(へいさする)關閉、封閉
愛顧(あいこ)光顧、眷顧、惠顧
社員割引制度(しゃいんわりびきせいど)內部員工折扣制度
割引(わりびき)打折、折扣、減價
郵政公社(ゆうせいこうしゃ)國營郵政公司
建造物(けんぞうぶつ)建筑物
立ち退き(たちのき)搬遷、搬走;離開、撤退
…可(…か)可…、可以…
…運動(…うんどう)…活動、…運動

課文:

トキ
トキは國際的に絶滅に危機に直面している鳥である。もともとはロシア東部、中國東北部から中部、朝鮮半島、日本など東アジア一帯に広く分布していた。しかし、亂獲と環境の悪化によって各地で減少し、現在では、絶滅する恐れのある動物として絶滅危懼種に登録されている。
現在、世界中で野生のトキが生息しているのは中國のみで、陝西省西安市の南に位置する洋県にトキの生息地がある。中國でも一時期トキは絶滅したと考えられていたが、1981年に7羽が発見された。その後、営巣地の監視?保護、人口繁殖などに取り組み、現在では1000羽以上が確認されるに至っている。洋県の「陝西トキ救護飼養センター」では、自然と同じような環境でトキを飼育するかたわら、パンフレットやビデオを使って小學生向けのキャンペーンを行うなど、國民に対する普及啓発を行っている。
こうした中國のトキ保護活動に対して日本が支援をしていることはあまり知られていない。「中國トキ保護支援基金」を募ったり、「中國トキ保護観察団」を派遣し、野生のトキの観察や保護施設や地元小學校を訪問したりして、交流を深めている。
一方、日本のトキは、明治時代以降急激に數が減った。1981年には、その時點で野生に殘っていた最後の5羽を、新潟県佐渡島の「佐渡トキ保護センター」に保護し、人口繁殖を試みた。しかし、懸命の努力にもかかわらず、人口繁殖は失敗に終わり、2003年をもって日本のトキは絶滅した。
そのような狀況のもとで、日本に救いの手を差し伸べたのが中國だった。1998年、中國の江沢民主席が來日に際して、2羽のトキの贈呈を約束した。翌1999年、雄の「友友」と雌の「洋洋」が日本に到著し、「佐渡トキ保護センター」で飼育されることになった。それ以來、この2羽をもとにトキの人工繁殖が行われ、2007年現在、107羽が飼育されるに至っている。繁殖は次々と成功し、自然に戻す計畫も進んでいる。
中國の協力のおかげで、日本のトキの再生が実現した。今後は、日本が環境を整備し、自然の中でトキの飛ぶ姿が見られるよう、努力していかなければならない。

試試實力?來為本文部分提供翻譯稿吧!

更多課程內容等你學>>>