日本各地で中國人旅行客の姿が目立つ。観光大國を目指す日本の大きな魅力のひとつは「食」。中國人旅行客は日本での食事をどう見ているのか。日本の観光情報を中國で発信し「日本人は知らない中國セレブ消費」(日本経済新聞出版社)の著者、袁靜?行楽ジャパン社長に聞いた。

在日本各地旅行的中國人非常引人矚目。而目標成為觀光大國的日本,最大的魅力之一便是“吃”。中國游客是如何看待日本的飲食文化的呢?就此采訪了在中國發布日本觀光信息、《日本人不知道的中國名流消費》(日本經濟報刊出版社)的作者、行樂日本的老總袁靜。

プチ富裕層が選ぶのは「無難で高い店」

中產階級選擇的是“不會出錯的昂貴餐廳”

——中國人は「こんにちは」の代わりに「ご飯を食べましたか」と挨拶することもあるほど食への関心が深いです。日本での食事をどう見ていますか。

——中國人會用“吃飯了嗎?”代替“你好”來打招呼,可見對食物執念之深。那么,中國人是如何看待日本的飲食呢?

「世帯収入が500萬~2000萬円のプチ富裕層にとって、日本に引き付けられる最も大きな魅力のひとつが食事です。中國には『大衆點評』という月間ベースで約150億PV(ページビュー)の口コミのグルメサイトがあります。中國國內だけでなく、佐賀県3300軒、青森県5100軒、山梨5400軒と日本各地のレストランも網羅しています。中國人観光客の大半がこのサイトをチェックしてから訪日しているとみていいでしょう。それほど関心は高いのです」

“對于家庭收入在500萬-2000萬日元的中產階級來說,日本最大的魅力之一便是飲食。中國的大眾點評App,是一個每月有大約150億瀏覽量的口碑美食網站。不僅網羅了中國國內的餐廳,還包括佐賀縣3300家、青森縣5100家、山梨縣5400家及日本各地的餐廳訊息。大多數中國游客都會在訪日前查看這個網站,其關注度可見一斑。”

——プチ富裕層にはどのレストランが人気なのでしょうか。

——中產階級喜歡哪種餐廳呢?

「訪日2~3回目のプチ富裕層が選ぶのは『無難で高い』店ということになります。日本ではお金を出せば出した分だけでのサービスを受けられるとプチ富裕層は信じています。一方、何度も通うリピーターは自分なりのお気に入りを見つけていきます」

“到過日本兩三次的中產階級會選擇那些“不會出錯的昂貴餐廳”。他們相信,在日本只要花錢,就能得到相應的服務。另一方面,常去日本人的人也漸漸找到了自己心儀的餐廳。”

中國人の共通認識は「日本のミシュランは安い」

中國人的共識“日本的米其林餐廳很便宜”

——確かにプチ富裕層はミシュランの星を持つ日本の高級レストランにどんどん予約を入れていますね。

——的確,中產階級不斷預約米其林星級的日本高級餐廳呢。

「ミシュランの星を持つレストランは上海にいくつもあります。しかし非常に高価です。訪日中國人の誰もが口にするのは『日本のミシュランは安い』です」

“在上海也有幾家米其林星級餐廳,但都十分昂貴。所以到日本的中國游客,每個人都說日本的米其林餐廳真便宜。”

「上海の『ラトリエ?ドゥ?ジョエル?ロブション』はロブションのカジュアル版ですが、コース約1500元(約2萬6000円)です。ドリンクやサービス料を入れると確実に3萬円かかります。日本なら1萬円以下でも可能でしょう。上海でカジュアル版に行くお金があれば、東京で最高峰のガストロノミー“ジョエル?ロブション”が食べられる。お得と感じているから日本人にとって敷居が高いお店を平気で予約できるのです」

“上海的L'ATELIER de Joel Robuchon是Robuchon的簡易版,但套餐也要1500元(約2萬6000日元)。再加上飲料和服務費,就得花3萬日元吃頓飯了。而在日本一萬日元以下都有可能吃到米其林餐廳。如果有錢去上海吃簡易版套餐,倒不如在東京享受最高檔的Robuchon的美食。因為覺得劃算,所以會毫不猶豫地預約對于日本人來說門檻很高的餐廳。”

「日本料理店でも事情は同じです。『日本空運』は料理業界のマジックワードで、食材を日本から空輸しているだけで値段が跳ね上がります。日本に來て食べる方が新鮮で割安に感じるわけです」

“對待日本料理店也是一樣。‘日本空運’就像是料理業界的魔法詞匯,只要食材是從日本空運來的,價格就會翻一番。還不如去日本吃來得新鮮又便宜。”

「『大衆點評』には客単価2萬~3萬円なのに100件以上のレビューが書き込まれている日本料理店もあります。日本のミシュラン店は路地裏に構えていてヨーロッパのような派手さはないが、その純樸さが日本の美質だといったような內容です」

“大眾點評上,平均每人2-3萬日元的日本料理店也有100多個點評數。日本的米其林餐廳不像歐洲那么華麗,常常在小路上,那種純樸感,也被認為是日本品質優良的象征。”

“冷たい”ハンディを超えるインスタ映え

雖然飯菜是“涼的”,但曬朋友圈更重要

「日本の駅弁は冷たいハンディキャップを上回る美しさがあります。色とりどりの小さなおかずがきれいに並んでいて中國語の『顔値』が高いのです。紅葉の季節には弁當の中に小さなモミジが入っていたりして日本の美意識に感心します。」

“日本的車站便當雖然是冷的,卻因為好看仍備受青睞。色澤鮮艷的小菜整齊地排列著,用中國話來說就是顏值很高。每到紅葉季,便當里加上的小小楓葉,讓大家對日本的審美意識之高佩服不已。”

「旅館のコース料理にも不満を感じる中國人はほとんどいません。大皿で出されるのが當たり前の中國人にとって、小皿にほんの少しづつ料理を盛って出してくれるのは新鮮な體験です。しかも顔値が高い。日本人が『作り置きしたような料理がある』と考えても、中國人はそれを上回る付加価値があると思っているのです」

“幾乎沒有中國人會不滿意旅館的套餐料理。對于習慣用大碗裝菜的中國人來說,小盤小碟一點點端出料理的體驗十分新鮮。而且顏值又高。雖然日本人會覺得這都是提前做好備著的料理,但中國人覺得種種附加價值已經完勝這小小缺點。”

——逆に人気のない日本料理はありますか。

——那有沒有不受歡迎的日本料理呢?

「米歐人に人気の高いてんぷら屋には足を運びませんね。主役級のエビは1本か2本。レンコンやシイタケは脇役です。」

“中國人不太喜歡受歐美人歡迎的天婦羅店。主菜的炸蝦不過一只兩只。配菜只有蓮藕和香菇。”

「日本でそば屋さんに連れて行くと、たいていの中國人は腰を抜かします。そばの上にほとんど何も乗っていないのですから。『本當にそばだけを食べるの?』と半信半疑になります。中國人の多くはエビ天も一緒に注文します」

“帶著中國人去日本的蕎麥面店時,他們都會很驚訝。因為蕎麥面上幾乎什么配菜也沒有。將信將疑地問‘真的是只吃蕎麥面嗎?’大多數中國人會再點個天婦羅蝦。”

本翻譯為滬江日語原創,轉載請注明出處。

相關閱讀推薦后爆買時代:中國人赴日旅游的新常態