1.自分に合うファンデーションがわからない

1.選不對適合自己的粉底

?「どのファンデーションも大體同じ色に見えて、どれを選んだらいいのかわからなかった」(20代)

?「『色は白いほうがいい!』と思って、一番明るい色を買ったら顔真っ白になりました」(30代)

·“粉底顏色看上去都差不多,不知道該選哪個好”(20代)

·“想著‘涂白一點好!’,買了最淡的色號,涂上以后臉變得刷白”(30代)

▽まず重要なのがファンデーション。パウダータイプやリキッドなど種類が豊富な上に、さらに自分の肌に合った色味を選ばなければいけません。たしかにこれは戸惑うかも……。また年齢や季節とともに肌も変わるので、いまでもファンデ探しをしている人は多いかもしれませんね。

▽化妝首先很要緊的是選對粉底。市面上有粉餅、粉底液等多種底妝產品,選好品種后還必須要選對適合自己的色號。確實不容易……隨著年齡和季節的變化肌膚狀態也隨之改變,如今還在尋找適合自己粉底的人也不少。

2.アイラインがガタガタ

2.畫不好眼線

?「不器用な私はどうしてもアイラインが引けず、ガタガタになっていました。」(20代)

·“手殘怎么也畫不好眼線,斷斷續續的。”(20代)

▽數ミリ単位の勝負となってくるアイメイク。手もプルプルするし、最初のうちは特に慣れないですよね。アイラインこそ練習あるのみかもしれません。

▽眼線要精準到毫米。剛開始手會抖,很難掌握好,想把眼線畫好還得多練習。

3.マスカラが目に入る

3.睫毛膏刮到眼睛里

?「メイク始めたての頃は、マスカラがコンタクトについて、目が痛くなることがしょっちゅうだった」(30代)

·“最開始涂睫毛膏的時候,總是碰到隱形眼鏡,眼睛很痛”(30代)

▽いまならパパッと塗れるマスカラも、當時は苦戦したもの。ブラシが目に入ったときは涙が出るほど痛かったですよね。自分が使いやすいマスカラに出會ったときの喜びは大きかったものです。

▽現在刷眼睫毛很順手,但還是化妝小白的時候可是苦不堪言。刷頭捅進眼里疼得眼淚都出來了。遇到適合自己的好用睫毛膏是一件特別幸福的事。

4.チークを塗りすぎる

4.腮紅涂得過濃

?「チークは塗れば塗るほどかわいいと思っていた10代半ば。當時の寫真を見ると、見事にくま○ンです」(20代)

·“十幾歲的時候覺得腮紅涂得越濃越可愛,拿出當時的照片一看,活脫脫的熊本熊”(20代)

▽メイク初心者の頃は、足し算ばかりを考えてしまいがちに。そのため頬全體にチークを塗ってしまい、周囲からギョッとされることも。でも當時はそれがかわいいと思っていたのですから、仕方ないですよね……。

▽剛開始化妝的時候總覺得越濃越好。臉頰紅彤彤的,反而把周圍人嚇一跳。但是當時覺得很可愛,也沒辦法。

5.リップだけ浮く

5.口紅顏色不搭

?「全體的にピンク系でまとめているのに、リップだけ真っ赤にしてしまい、浮いてしまったこと。友達に『リップの色変じゃない?』と言われて、気が付きました」(20代)

·“整個妝容都是粉色系的,只有口紅涂了正紅色,很扎眼。被朋友們說‘你口紅顏色怎么那么奇怪?’才發現”(20代)

▽リップの色によって、顔の印象がガラッと変わってきます。アイメイクやチークと合わないリップを塗ってしまうと、すべてがチグハグに。しかも自分じゃよくわからないからこそ、失敗に気が付けないんですよね。

▽口紅的顏色能改變容貌給人的整體印象。口紅顏色要是與眼影、腮紅不搭,整體妝容就會很違和。而且自己化妝總覺得美,即使妝容奇怪也很難發覺。。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閱讀推薦:日本妹子迷戀的YSL春季唇膏:你最愛的顏色是?