Hey!Say!JUMPが19日、07年のデビュー以來継続してきたアリーナ會場コンサートを今年は見送ることを、公式サイトで発表した。これまで一部ファンに対して公共交通機関の利用マナー改善を再三訴えていたが、狀況が改善されなかったためとした。

昨天,杰尼斯官網發布消息:今年將取消Hey!Say!JUMP自2007年出道以來慣例的Arena演唱會,原因為部分粉絲禮儀規矩未得到改善。事務所曾再三強調乘坐交通工具時注意自身言行舉止,但情況沒有好轉。

サイトで「Hey!Say!JUMPファンの皆様にお知らせがございます。先般、ジャニーズネットにおきまして、『公共交通機関の利用マナーに関するお願い』を掲載いたしました。この數年メンバーからも直接のお願いをさせていただいておりましたが、ツアー移動時に一般のお客様に対して多大なご迷惑をお掛けする狀況が改善にいたらなかったことを踏まえまして、デビュー以來継続して參りましたアリーナ會場でのコンサートを本年は見送らせていただきます」と説明した。

官網部分摘選如下(全文見下圖):“以下內容告知Hey!Say!JUMP的粉絲。之前,有關在Johnnys net登載的《有關公共交通工具利用規范的請求》,這些年成員們也曾直接請求過大家,但是鑒于在巡演期間,部分粉絲的某些禮儀行為給普通乘客造成困擾的狀況并沒有改善,因此今年我們決定取消(跳團)從出道以來每年舉辦的Arena演唱會。”

「全國各地での開催を望むメンバーにとりましては苦渋の決斷であり、全員が強く來年以降の全國ツアー再開を希望しております」とメンバーの思いも記した。

(官網上)也記述了成員們的期望:“對于希望在全國各地開辦演唱會的成員本人來說是痛苦的決定,全員都強烈希望明年之能夠再次展開全國巡演。”


Hey!Say!JUMP成員岡本圭人因留學暫停藝能活動中

ジャニーズ事務所はこれまでもマナー改善を訴えたが、今月16日に「ルールを守って応援してくださる多くのファンの皆様とルールを守っていただけない方とのマナーの差は開く一方でございます」と厳しい狀況を説明。「何らかの対応を取らざるを得ないと考えております。タレントならびに當社としましては今まで通り東京以外の地域での活動が継続できますよう、皆様にご協力のお願いを再度、お知らせ申し上げます」としていた。

杰尼斯事務所一直以來都在呼吁粉絲改善禮儀規范,并在本月16日說明了這一嚴重的狀況“能夠遵守應援規范的大多數粉絲與不遵守規范的人們之間產生了巨大鴻溝”,“考慮到這種情況,我們不得不采取一些對應。為了本公司和旗下藝人能夠繼續在東京以外的地區開展活動,在此,再一次希望大家能夠配合。”

其實不止跳團,其他杰尼斯團體的粉絲盜攝、偷拍等禮儀問題也一直存在,杰尼斯官方也多次發出聲明,希望粉絲理智追星。不過事實證明“口頭警告”并沒有任何作用,去年King&Prince成員在宮城共演行動時,粉絲騷擾行為更是嚴重到鬧上了電視節目:粉絲在JR仙臺站圍堵KP成員,導致新干線發車延遲。車站內,部分粉絲無視工作人員提醒,作出越線的尾隨行為,甚至停留在藝人車廂前后連廊中,妨礙一般乘客通行。

這次J家作出的決定不僅給跳團粉絲敲了警鐘,也是面向全杰尼斯粉絲的警告。日本藝人因為粉絲禮儀差被迫取消演唱會,在日本也是頭一遭吧……

那么對于追星禮儀,你如何看?

本翻譯為滬江日語原創,未經授權禁止轉載。

相關閱讀推薦:

杰尼斯首例:山下智久開通INS賬號,一天內關注者超160萬
為杰尼斯作詞的男人:創作關鍵是“土味帥氣”!