仕事に集中したいのに、隣の席の人のクセが気になってイライラしてしまう…。様々な人が集まるオフィスでは、そんな不快な思いをしたことがある人も少なくないはず。では、一體どんなクセが職場で嫌われてしまうのか?會社勤めをしている20代の男女300人(男女各150人)に、「職場で周りをイライラさせるクセ」についてアンケート調査を行った(協力/アイリサーチ)。

明明想專心工作,卻因為隔壁的人一些小動作而感到異常煩躁…。聚集了各種人群的辦公室里,應該也會有像這樣不愉快經歷的時候吧。那么,到底在職場上哪些小動作會讓人覺得討厭?我們對20~30歲的公司員工300人(男女各150人)進行了一個問卷調查:“關于職場上令人感到煩躁的行為”。

職場の人にされたらイライラするクセTOP10(複數回答)

1位 舌打ち (54.3%)
2位 貧乏ゆすり (43.0%)
3位 ゲップ (32.3%)
4位 電話を叩き付けるように切る (31.3%)
5位 書類を觸るときに指をなめる(31.0%)
6位 獨り言 (30.7%)
7位 ため息 (28.3%)
8位 タイピングが激しく、音がうるさい (25.0%)
9位 機を指でトントンする (23.3%)
10位 ペンをカチカチ鳴らす (21.0%)

職場上令人不爽的行為TOP10(多選)

1位 咂舌 (54.3%)
2位 抖腿 (43.0%)
3位 打嗝 (32.3%)
4位 掛電話時像在摔東西的樣子 (31.3%)
5位 看書的時候用手指舔一下(31.0%)
6位 自說自話 (30.7%)
7位 嘆息 (28.3%)
8位 打字的時候動靜大,聲音太吵 (25.0%)
9位 用手指在桌上敲 (23.3%)
10位 把筆弄出響聲 (21.0%)

1位の「舌打ち」は、過半數が「不快」と回答。2位の貧乏ゆすりにも言えることだが、當人のイライラが伝染するような行為は不快に思われることが多いようだ。また、ランクインしている項目の多くは「音が出る行為」。集中力が必要とされるオフィスでは、雑音が嫌われる傾向が明らかになった。

對于第一名的“咂舌”,大多回答是感到“不爽”。第二位的抖腿也有像前面的說法,但大部分時候是受到抖腿的人傳染給自己不爽的感受。“光榮”上榜的多數是“發出了聲音的行為”。在需要一定的集中力的辦公室內,有傾向表明雜音是受人厭惡的。

しかし、不快に思っても「他人のクセを注意したことがある」と答えた人は22.3%と少なめ。約8割の人は、イライラしてもガマンしているというのが実態のようだ。

但是,“有提醒過別人這樣的行為讓人困擾”這樣回答的人僅占22.3%,約8成的人就算內心感到不爽還是會忍耐著不說。

一方、これらのクセのなかで「自分もやってしまいがちなクセ」について聞いてみたところ、結果は以下のように。

另方面,關于在以上的行為中“自己也不經意變成了習慣”也做了調查,結果如下所示。

職場でやってしまいがちなクセTOP10

1位 クセは特にない (31.0%)
2位 獨り言 (18.3%)
3位 髪をいじる (17.0%)
4位 ため息 (14.0%)
5位 貧乏ゆすり (13.7%)
6位 鼻をすする (11.3%)
7位 舌打ち (8.7%)
8位 タイピングが激しく、音がうるさい (8.0%)
9位 せきばらい (7.0%)
9位 くしゃみの音が大きい (7.0%)

職場上不經意變成的習慣動作TOP10

1位 沒有什么特別的 (31.0%)
2位 自說自話 (18.3%)
3位 摸頭發 (17.0%)
4位 嘆息 (14.0%)
5位 抖腿 (13.7%)
6位 吸鼻子 (11.3%)
7位 咂舌 (8.7%)
8位 打字的時候動靜大,聲音太吵 (8.0%)
9位 咳嗽 (7.0%)
9位 打哈欠聲音大 (7.0%)

多くの人が「自分には周りを不快にさせるようなクセは無い」と考えている様子。しかし大抵の場合、クセというものは本人ばかりは無自覚なもの。人から注意してもらえない以上、知らず知らずのうちに周囲を不快にしていないか、時には自分の行動をしっかり振り返ったほうが良さそうだ。

很多人覺得“自己并沒有做過讓周圍人感到不愉快的行為”。但是通常這種情況,習慣行為是自己無意識中養成的。如果沒有經他人提醒,不知不覺就令周圍的人感到不爽,有時還是好好的回想一下自己的行為舉止會比較好。

聲明:本雙語文章的中文翻譯系滬江日語原創內容,轉載請注明出處。中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。

相關閱讀:

日媒盤點提高職場好感度的六個訣竅

職場格言:天無絕人之路