「東京の臺所」として親しまれてきた築地市場(東京都中央區)が、6日、営業を終えました。1935年の開場以來、國內外の新鮮な魚や野菜を取引して83年で幕をおろしました。

一直以來作為“東京的廚房”受大家歡迎的筑地市場(東京都中央區)于(10月)6日停止營業了。自1935年開業以來,83年來進行國內外新鮮魚類和蔬菜交易的歷史也落下了帷幕。

築地市場は、関東大震災で焼失した日本橋の魚市場などが移転して開場した、ということです。水産物約480種類、青果物約270種類を扱い、1日に4萬人以上が出入りし、世界でも有數の規模で、近年は人気の観光スポットにもなっていました。

筑地市場是關東大地震時燒毀的日本橋的魚市場等搬遷至此開始營業的。經營著約480種水產品,270種蔬菜水果,一天有4萬多人進出,規模在全球也是屈指可數的,近年也成為了備受歡迎的觀光景點。

敷地が手狹になったことや、建物の老朽化から、移転や再整備が検討され、豊洲に移ることになりました。

由于用地狹小,建筑物老化,經過是搬遷還是再次整修的討論后,決定搬遷到豐洲。

築地の場外は、そのまま殘るということですが、お店の人が、一緒に閉じると思っている人が多く、お客さんが減るのではないかと心配していました。

筑地外的店家將維持原樣,但很多店家擔心客人會認為店家隨市場一并關閉,往來人數會減少。

現在、引っ越し作業の最中で、市場で使われる小型運搬車の「ターレット」(ターレ)やフォークリフト300臺以上が、使用開始前の環狀2號線を走って、豊洲に移動する様子が報じられています。

如今,正進行著搬遷工程,在市場中被使用的300多臺小型搬運轉塔車和鏟車行駛在還未正式開始使用的環狀2號線上,朝著豐洲方向移動的情況被不少媒體報道了。

豊洲市場は、11日に開場予定です。豊洲市場は、築地市場の1.7倍の40.7ヘクタールの敷地に、工場のような水産仲卸場棟や青果棟が並び、溫度管理や衛生管理を強化し、衛生管理の國際基準導入を食品事業者に義務づけています。國內市場は頭打ちなので、輸出を目指している、とのこと。

豐洲市場預計在11日開業。用地面積為40.7公頃,是筑地市場的1.7倍,建立了工廠一般的水產交易大樓和蔬果大樓,強化了溫度管理和衛生管理,規定商家必須采用國際衛生管理基準。由于國內市場已經趨近飽和,據說豐洲市場今后將以輸出為目標。

豊洲市場では、加工品重要に応えるために、築地になかった「加工バッケージ棟(地下1階、地上5階建て)」を新設しました。

豐洲市場為了響應加工制品的重要性,還新設了原來筑地沒有的“加工包裝樓(地下一層,地上5層)”。

どれだけの流通量になるのか、特に私たち消費者のために、どのような役割を果たしてくれるのか、豊洲市場の今後に注目したいと思います。

豐洲市場將會有多少流通量呢?特別是將會為我們消費者發揮什么作用呢?讓我們關注豐洲市場今后的發展。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閱讀推薦:筑地市場美食目錄:值得一去的十家店