「日本に來るたびに、ここのクリニックでアンチエイジングの施術を受けているわ」

“每次來日本,我都會在這邊的診所做抗衰老手術。”

そう話すのは、中國東北部の大連から來日した、50代の中國人女性、付美玲さん。付さんは東京?銀座にあるクリニックを訪れ、血液を浄化させる血液クレンジングと美肌効果のあるビタミンC點滴を受けた。

說這句話的是來自中國東北部城市大連的50代女性付美玲。付女士來到位于東京銀座的醫美診所,在這里做了血液凈化,掛了有美肌效果的維C點滴。

3年間で1.6倍に増えた醫療目的の訪日中國人

以醫療為目的訪日的中國人數量三年間增至1.6倍

いま、付さんのように美容整形や健康診斷、がん治療などの醫療を受けることを目的に來日する、「醫療ツーリズム」目的の中國人富裕層が増えている。

如今,像付女士這樣為美容整形、體檢、癌癥治療等目的赴日,即進行“醫療旅行”的中國富裕階層增加了。

日本を訪れる外國人観光客は、ここ數年右肩上がりで上昇している。2018年は3119萬人で、日本政府観光局(JNTO)が統計を取り始めた1964年以降、過去最高の數字になった。その中で最も多いのが、全體の27%を占める中國人観光客だ。

近幾年,訪日外國游客人數持續攀升。日本國家旅游局(JNTO)自1964年開始統計訪日外國人數,2018年總計3119萬人,創歷史新高,其中中國游客人數最多,占總數的27%。

2018年に日本を訪れた中國人観光客數は、前年比13.9%増の838萬人。

2018年訪日中國游客共838萬人,比上年增加13.9%。

その中國人観光客の間で、醫療を目的とする訪日が急増している。外務省によると、中國人への醫療滯在ビザ発給件數は2015年の829件から2018年は1390件へと、3年間で1.6倍に拡大している。

在中國游客中,以醫療為目的訪日人數急速增加。據日本外務省數據顯示,自2015至2018年,發行給中國人的醫療滯留護照數由829件提高到1390件,三年間增至1.6倍。

この背景にあるのが、2010年に當時の民主黨政権が閣議決定した「新成長戦略」だ。民主黨政権は、高齢化が進むアジア諸國?地域において醫療分野は高い需要が見込まれるとし、同地域の富裕層を対象に、醫療と観光を連攜?強化することを目標として掲げた。

這一現象的背景是2010年,當時民主黨政權在內閣會議上通過的“新成長戰略”。民主黨政權認為亞洲各國及地區老齡化逐漸加劇,醫療需求高,由此確立了面向各地區富裕階層的醫療與旅游合作強化目標。

こうした流れを受け、2011年から訪日外國人への醫療滯在ビザの発給がスタートした。これにより、醫療目的で來日する外國人は期限內であれば必要に応じて6カ月間、複數回滯在できるようになった(90日を超える場合は入院が前提となる)。日本の醫療滯在ビザを取得する外國人の中でも中國人の割合は高く、全體の8割を占める。

在此影響下,自2011年起,日本開始向訪日外國人發行醫療滯留護照,如有必要,只要在期限內,因醫療目的訪日外國人于六個月內可多次滯留日本(超過90天需要住院證明)。取得日本醫療滯留護照的外國人中,中國人的比例也很高,占整體八成。

醫療目的でやってくる中國人が増えつつある一方、基本的に日本語を話せない彼らが自分たちで健康診斷や治療の予約をするのはかなりハードルが高い。そこで、こうした中國人の心理的負擔を減らす存在として注目されるのが、患者と醫療機関をつなぐ「醫療コーディネーター」である。

雖然為醫療訪日的中國人不斷增加,但因他們基本不會說日語,獨自預約體檢或治療的難度很大。因此,為減輕這些中國人的心理負擔,聯系患者與醫療機構的“醫療中介”出現了。

外國人患者の要望をきめ細かくヒアリング

仔細傾聽外國病患的需求

今後特に成長が見込まれるのがアンチエイジング施術などを含めた再生醫療の分野だ。日本では2014年に再生醫療関連法が施行される一方、中國では再生醫療に関する法律がまだ整備されていない。醫療コーディネーターを手配する在日中國企業「醫信」の李婧(リ?ジン)社長は、「昨年末から問い合わせが格段に増えるようになった」と話す。

包含抗衰老手術在內的再生醫療今后的發展令人矚目。日本自2014年開始施行再生醫療相關法律,但中國還沒有相關法律。經營醫療中介的在日中國企業“醫信”的社長李婧說“從去年年末起,咨詢再生醫療相關內容的人數大幅提升了。”

日本の旅行會社大手JTBは2010年、醫療コーディネーター事業を展開する「ジャパン?メディカル&ヘルスツーリズムセンター(JMHC)」を社內に立ち上げた。同センターの松嶋孝典所長は、「中國人観光客が醫療目的で訪れるのは、現在のところ東京など大都市圏が主流だ。ただ、中國人は地方にもレジャー目的で訪れるようになったので、醫療ツーリズムも地方に広がっていくことを期待する」と語る。

日本知名旅游公司JTB在2010年創辦了提供醫療中介服務的“日本醫療&健康旅行中心(JMHC)”。該中心所長松嶋孝典表示:“目前因醫療目的赴日的中國游客,其主要目的地是東京等大都市圈。不過現在中國客人也開始到地方旅游了,我非常期待醫療旅游在地方也能盛行起來。”

ただ、醫療ツーリズムの普及には課題もある。醫療コーディネーターの質の問題だ。都內のある美容整形外科の院長は、「中國人が『醫療コーディネーターをやりたい』と連絡してくることもある。ただ、醫療通訳なので専門用語がわからないといけないが、明らかにそういった知識がないのに売り込んでくることが多い」と明かす。中には醫療知識が乏しいコーディネーターを採用してしまった醫療機関もあり、患者に間違った通訳をすることでトラブルに発展するケースもある。

不過,普及醫療旅游也存在難題,那就是如何解決醫療中介的質量問題。東京都內一所美容整形外科院長透露“曾經有中國人聯系我們表示‘想做我們醫院的醫療中介’。但是醫療翻譯必須了解專門用語,但現在完全沒有相關知識就到處宣傳的人太多了”。其中就發生過醫療機構錄用缺乏醫療知識的中介,給患者翻譯錯誤而引發糾紛的例子。

松嶋所長は「醫療ツーリズムへの人気が高まる中で、醫療ツーリズムやコーディネーターへの規制は基本的にはない。政府としても悪質な醫療コーディネーターを取り締まるための枠組みを作る必要があるのではないか」と口にする。

松嶋所長表示:“醫療旅行人氣走高,但基本還沒有針對醫療旅行及中介的規范制度。政府應當建立相關機構來取締性質惡劣的醫療中介。”

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

精華閱讀推薦:

為什么中國女生喜歡跑去日本整容?

抗氧+抗糖:五種茶葉讓你越喝越年輕!